i.Design Studio | アイ・デザインスタジオ

アイ・デザインスタジオは日用品などのプロダクトデザインや、3Dデータの作成、グラフィックデザイン・ウェブデザインを手掛ける、福井県のデザイン事務所です。

Adobe IllustratorCS6で、ドロップシャドウがベタ面になってしまうバグの対処法

Adobe IllustratorCS6で、ドロップシャドウがベタ面になってしまうバグの対処法

Adobe IllustratorCS6を使っていてドロップシャドウ光彩(外側)を設定した時に、下図のように影がベタ面になってしまう現象がありました。
ネットを検索してもこれといった解決法が見つからなかったため、サポートに問い合わせて解決したのですが、念のため手順などを残しておこうと思います。

Adobe Illustrator CS6で、ドロップシャドウがベタ面になってしまう1

サポートに問い合わせた所、イラストレーターの環境設定ファイルが破損している可能性があるという事で、その環境設定ファイルを削除します。
※弊社のPC環境は『Windows8Pro』のため、他のバージョンやMACでは下記のファイルの場所が異なる可能性がありますのでご注意下さい。

『環境設定ファイル』の場所

まずイラストレーターCS6を閉じた状態で、『コンピューター』>『ローカルディスク』>『ユーザー』>『■■■(※ユーザー名が入ります)』のフォルダを探します。

イラストレーターの環境設定ファイルが破損している可能性がある

ここからは隠しファイルになるため、『表示』の中の『隠しファイル』にチェックを入れて隠しファイルをいったん表示し、環境設定ファイルがあるフォルダを探します。

隠しファイルをいったん表示

コンピューター』>『ローカルディスク』>『ユーザー』>『■■■(※ユーザー名が入ります)』>『AppData』>『Roaming』>『Adobe』の中の『Adobe Illustrator CS6 Settings』というフォルダに環境設定ファイルが入っているので、最悪でも元の状態に戻せるように『Adobe Illustrator CS6 Settings』というフォルダをデスクトップなどへ移動します。

Adobe Illustrator CS6環境設定ファイルをデスクトップへ移動

イラストレーターCS6を立ち上げると、設定していた環境設定やツール類は全て初期設定に戻ってしまっていますが、

Adobe Illustrator CS6で、ドロップシャドウがベタ面になってしまう5

気を取り直して新規ドキュメントでドロップシャドウを試して正常な状態に治っていれば、先ほどの『Adobe Illustrator CS6 Settings』というフォルダは削除して大丈夫です(治らない場合はフォルダを元の位置に戻せば、移動前の状態にまでは戻ります)。

Adobe Illustrator CS6で、ドロップシャドウがベタ面になってしまう6

検索しても答えが見当たらないという事は、もの凄くレアなケースでひょっとしてウチのパソコンだけ?と思いながらツールをせっせと元に戻しましたが、バージョンが新しくなって余計な手間が増えるのは困りものですね…。

(上記の環境設定ファイルまでのパスは、『C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Adobe』の中の『Adobe Illustrator CS6 Settings』というフォルダとなります)


宜しければ是非お願いします :)

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


“Adobe IllustratorCS6で、ドロップシャドウがベタ面になってしまうバグの対処法” への2件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    私もなりました。
    管理者として実行したイラレですと大丈夫でした。

    • i.Design Studio より:

      コメントを有難う御座います:)

      私の場合は管理者として実行しても症状は変わらず、AdobeサポートからはWindowsへのログインアカウントを作る際に、どこかがおかしくなっているのではないか(Illustratorの問題ではなく、Windowsのアカウントの問題ではないか)と言われてしまいました…

      その後、新しく作り直した管理者アカウントでも同様の症状が頻発したため、結局CCを使う事は諦めCS4を使用しております。

      OSを再インストールしアカウントを新しく作り直せば直るのかも知れませんが、それはまたの機会にと考えています:(

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。