i.Design Studio | アイ・デザインスタジオ

アイ・デザインスタジオは日用品などのプロダクトデザインや、3Dデータの作成、グラフィックデザイン・ウェブデザインを手掛ける、福井県のデザイン事務所です。

【 変形性股関節症 】あしのこと、あしたのこと

【 変形性股関節症 】あしのこと、あしたのこと

 などとちょっとカッコつけたタイトルにしていますが、持病の 変形性股関節症 についてと、人工股関節への置換手術・リハビリに伴う一時的な休業のお知らせです。
休業期間は今月4月30日から約1か月を予定しています(5月末頃まで)

変形性股関節症

変形性股関節症 (へんけいせいこかんせつしょう、osteoarthritis of hip)は、関節軟骨の変性・磨耗によって、近傍の骨の変形・破壊や関節滑膜の炎症が起き、疼痛や運動障害からADL障害をきたす股関節疾患である。
本症は明らかな先行する基礎疾患を有さない一次性股関節症と、例えば先天性股関節脱臼や形成不全、あるいは外傷や炎症の結果惹起される二次性股関節症に大別することができる。
日本では先天性股関節脱臼や臼蓋形成不全などに続発する、二次性のものが多い。
X線所見では、関節裂隙の狭小化、骨硬化、骨棘、骨嚢胞などが認められる。(変形性股関節症(ウィキペディア)より)

 変形性股関節症 は、長いあいだ使ってきた関節の軟骨がすり減るなどして起こる、お年寄りの方などに多く見られる病気ですが、私の場合は先天性となるのでしょうか…?大学生のころはサッカー部員で、下手糞なりに一生懸命走り回ったり、一日中歩き回っていても平気だったのですが、およそ10年ほど前から徐々に股関節周りが痛むようになり、今では10分ほど立っているだけで股関節周りがズキズキ痛むように…。股関節の可動範囲も年々狭くなっていき、今では足が横には全く開かず、歩くように前後にだけはかろうじて動く状態となり、自転車にまたがるのも一苦労する始末です。

 今になって考えてみると、小学生の頃から胡坐座りが苦手(三角座りのように、膝が起きてしまう)という 変形性股関節症 の兆候らしきものはあったのですが気付く訳もなく、 当初はてっきり運動不足なのかと思いこみ、ランニングしたり足のストレッチをグイグイやっていたのですが、状況が変わらないので病院で診察してもらった所、 変形性股関節症 と診断されました。

 この画像は、私自身の股関節周りのレントゲンです。素人なのでサッパリ分かりませんが、股関節(赤線部)の嚙み合わせが悪くなった結果、可動範囲が極端に狭くなり、痛みが出ているとの事です。

変形性股関節症 。私自身の股関節のレントゲン写真。

 幸い私の症状は、足を左右には開けなくなっていきましたが、前後に動かす事はできるため、少し歩いたりする分には比較的困難ではなかったように思っています。仕事の打ち合わせも都会と違って、車に乗ってドア to ドアですし。ただ日常生活を送る上での支障が出始めていることと、子供と遊んだりする時に、長い時間遊んであげられなくなってきている事を考慮して、人工股関節への置換手術を受ける事にしました。

人工股関節について

 人工関節は常にこすり合わされたり体重が乗っかるため、摩耗からくるガタつきや骨との接合の緩みが発生し、平均すると10年~20年に1回のペースで、新しい人工関節へ再び入れ替えを行わなければならないようです。当然2度、3度と回数を重ねるほど成功率は落ちるので、私(今日で44歳になりました…)の場合は、65歳前後で再度置換手術を受けて、それをどこまで持たせられるかというイメージで考えています。

 なるべく酷使し過ぎず、日常生活の質を上げられると良いなぁ。。

休業予定について

 手術は5月頭に受けますが、その後は歩けるようになるまでリハビリ生活となりますので、冒頭でも書きましたが、入院初日の4月30日から5月末頃までは、お仕事が出来ない状態となってしまいます。何か御座いましたらメールまたはお問い合わせフォームからご連絡いただけましたら、数日以内にはお返事致します。

 そしてそして、なるべく各方面にご迷惑が掛からないようにするために調整中ではありますが、6月に復帰しました折には、今後ともなにとぞ変わらぬご愛顧のほど、宜しくお願い申し上げます。

最後に

 今日で当事務所も独立15年目。沢山の方に助けていただいて、ここまで続けてくる事が出来ました。本当に有難う御座います。

 痒い所に手が届くご提案が出来る、難しい事でも投げておけば何か面白い答えが返ってくる、そんなデザイナーを目指して取り組んでまいりますので、今後とも アイ・デザインスタジオ を宜しくお願い致します。


宜しければ是非お願いします :)

このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly


“【 変形性股関節症 】あしのこと、あしたのこと” への2件のフィードバック

  1. hazeji より:

    股関節大変ですね。
    亡くなった母親も両足とも人工股関節でした。どうも家系のような気がします。

    さて、3Dプリンタですが、私も職場でダヴィンチ1.0Proを使っております。
    当初は、接着剤などで、トラブルだらけでした。
    その後、下記接着剤を使うと冷めると勝手に剥がれてくれるほどです。
    3Dステージシーラント ATP-101 http://tokyoinktic9330.cart.fc2.com/
    ¥2678-  <ちょっと高いですが。
    ご参考に。

    • i.Design Studio より:

      コメントと貴重な情報を、有り難う御座いました。

      股関節は気が付いたらそうだったという感じで、どうして私なの?と思ったりもしましたが、考えてもどうしようもありませんね。
      前向きに、ただただ出来ることをやっていくだけかなぁと考えています。
      子供にだけは遺伝しないようにと、願うばかりです。

      さてさて、ダヴィンチ1.0Proの接着剤の件、教えていただき有り難う御座いました!
      綺麗に簡単に剥がせる=機械が長持ちする、ということでもあると思いますので、また是非試してみたいと思います。

      今後とも宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。